英語の勉強法、実は逆!?

こんばんわ。あんでぃーと申します。

皆さんは英語を勉強するとき何から始めましたか?

多くの方は中学校あたりから

Hello, My name is…

のようなテンプレートを授業で教わってきたと思います。

大人になって次第に事態は移り変わり、日常でも英語が必要な場面が多くなってきましたよね。

私はオーストラリアに留学していた経験があり、英語の楽しさと重要性を身に染みて感じてきました。そんな中で感じた英語を勉強する秘策があります。

英語を話したい。でも、

再び勉強しようにも学生の頃に挫折した英語に抵抗感が、、、

って人多いのではないでしょうか?

たくさんの単語の意味を覚えて、文法も気にしなきゃいけないし、

単語やその意味を知らなきゃ聞き取れないし話せない。

そんな風に思っている方が日本にはまだまだあふれかえっています。

では、読者の皆さんに質問です。

皆さんはどうやって「日本語」を覚えましたか?

すべての答えはこの質問にあります。

赤ちゃんのころから単語の綴りや文法を読み書きしながらおぼえましたでしょうか?

きっとお母さんやお父さん、周りの人たちの会話の中で自然に身についたのではないでしょうか?

そうなんです。赤ちゃんは日本語を聞いて、しゃべって覚えるのです。

日本の学校で学ぶ英語はwriting⇒reading⇒listening⇒speakingの順番で学ぶんです。

でも日本語のときは違いましたよね?

そうです。逆なんです。

初めての言語を学ぶときに真っ先にやらなきゃいけないことは

「耳を慣らす」

です。

全く聞き取れなくてもいいんです。

なんでもいいんです。映画でも、ラジオでも、ポッドキャストでも。

とにかく英語を聞くことから始めましょう。

これが何よりも早い近道になります。

listening⇒speaking⇒reading⇒writingを意識してみてください。

読み書きなんて後回しでいいのです。

文法なんて後回しでいいのです。

まずは英語を聞く。ここから初めてみてください。

次回は詳しいお勧め勉強法をお伝えしようと思います。

それでは皆さんお休みなさい。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です