ド安定するし汎用性抜群!PAエンジニアが選ぶ おすすめマイク3選

本格的にバンドを始めたくてマイクを買いたい!DTMなどをしていて環境を整えたい!でもどんなマイクがいいのかわからない。そんな方々へ向けてPAエンジニアの私が、絶対に外れないマイクと、選び方をご紹介します!!

 

モニタースピーカーも合わせてチェックしておくとDTMライフがより素敵になります!

損しない!モニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

これが王道!プロが選ぶモニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

これこそ世界基準!最初のマイマイクはこれ!

何十年もの間ワールドスタンダードであり続け、人々の持つMICのイメージそのものになった有名なMICです。

初心者や学生でも手の出しやすい価格癖の少ない音で扱いやすく、迷ったらこれ。というにふさわしいものになっています。

また特徴的なのはその頑丈さ。車にひかれても、洗濯してしまっても問題なく使えたという事例があるほどタフで長持ち

ゆえに世界中のライブで使われているんですね。

SM58 - Shureワイヤード・マイクロホン - ヒビノインターサウンド株式会社

オーディオ機器には周波数特性というこの機会はどの帯域の音をよく拾う/出力しますよ。というものがあるのですが、

SM58はボーカルマイクのスタンダードというだけあって非常に万人の声をとらえているのです。

自分の声の特徴がまだいまいちつかめていない人やハードなパフォーマンスをする方には大変おすすめです。

我々のようなPAにとっても非常に扱いやすく、マイマイクがこれだと裏方さんにも喜ばれます!笑

SHURE シュアー / SM58S

ハウリングとはおさらば!スパーカーディオイド

続いては先ほどのSM58の改良版BETA58Aです。SM58に比べると2kHzあたりに癖があり、

少し感度が高い(小さな音量を拾える)ようになったタイプです。

その特徴から女性のように少し高めの声により合うようなイメージです。

さらに特徴的なのがスーパーカーディオイド(超単一指向性)といわれる収音角度です。

SM58に比べて音を拾う範囲を前方に限定し、周りの音を拾いにくくしてあるのです。

これによりメンバーの楽器の音やライブの際のモニター(足元にあるスピーカー)からの余計な音を拾いにくく

ハウリングが起こりにくいのです。

ライブをしたことのある方はハウリングの経験あると思います。

マイクを変えるだけでも意外に変わったりするんです。

SHURE ダイナミック マイクロフォン BETA58A-X 【国内正規品】

よりクリアに、温かみのある高級音質

最後はこちら、ゼンハイザーのe945です。

こちらのマイクも先ほどのBETA58Aと同様にスーパーカーディオイドで高度なハウリング抑制がされています。

さらに特徴的なのがハンドリングノイズ(握ったときなどにでるいらないノイズ)が抑えられており、

よりクリアな音を実現しています。

また、入力感度も高くバックバンドにも負けない音量を実現します。

高温の抜け感が良く、伸びのある高級感のあるボーカルを演出してくれます。

SENNHEISER e945をレビュー。高音の抜けが良い指向性を絞ったダイナミックマイク | 弾き語りすとLABO

少しほかの2つよりも値段は張りますが他と差別化できる品質を求める方や、

予算に余裕のある方は手に入れてみると音楽がさらに楽しくなることでしょう。

SENNHEISER (ゼンハイザー) ダイナミックマイク E945 ボーカル用 超単一指向性

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。どれも初心者の方には手に入れてほしい優秀なマイクたちです。

自分の声質や音楽のジャンルに合わせた機材を選ぶ事を心掛けるといいです。

ぜひマイマイクを持って周りのバンドやシンガーたちと差をつけましょう!

そしてあなたの音楽がより楽しくなることを祈っております。



ド安定するし汎用性抜群!PAエンジニアが選ぶ おすすめマイク3選」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です