初心者入門!簡単に自宅に音響設備を設置する方法をご紹介!

初心者入門!簡単に自宅に音響設備を設置する方法をご紹介!

こんにちは。甘いものが苦手な あんでぃーです。

今回は元PAエンジニアの私が、音響機材の設置、配線方法を説明します!

 

DTMや映画鑑賞用のスピーカーを設置したいけどやり方がわからない。

配線が多くてどこに何をつなげればいいか初めてだとなかなか難しいものです。

そこで今回は簡単な4つのステップで機材のセッティングをしていきます!

 

目次

  1. 機材を置く位置を決める

  2. 電源を取る

  3. ケーブルを配線する

  4. 音を出して音量調節する

 

まだこれから機材をそろえるよという方は、

オススメのモニタースピーカーマイクも紹介してるのでぜひチェックしてみてください。

これが王道!プロが選ぶモニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

ド安定するし汎用性抜群!PAエンジニアが選ぶ おすすめマイク3選

 

始める前に

 

まずセッティングを始める前に、機材の確認をしましょう。

今回のセッティングはPCとスピーカーをつなげることとします。

用意するものは、

  1. PC
  2. AI(オーディオインターフェイス)
  3. 「コンソール(ミキサー)」(なくてもよし)
  4. スピーカー(左右2つ)
  5. マイクケーブル2本(または4本)
  6. phoneケーブル2本(マイクケーブルを利用できる場合は必要なし)

以上の6点が必要です。

また、音楽制作にもネット環境の整備は必要です。

データ使い放題でDOCOMOの回線を利用した安定接続のエキサイトモバイル WiFiなどおすすめです。

準備はよろしいでしょうか?

機材を置く位置を決めよう!

まずは配置を決めましょう。

基本的にスピーカーは画面の左右に対象になるようにおきましょう。

また正面を向けるのではなく、少し内側を向くようにするようにしましょう。

少し難しい話になりますが、左右の距離が違うと音の波がずれるので違和感のある音になります。注意しましょう。

コンソール(ミキサー)は電源に近い方に置くと便利です。

スピーカー2つ、コンソール1つ、PC1つ計4つの電源が必要ですので、

あらかじめコンセントの口を拡張しておきましょう。

オーディオインターフェイスはコンソール側のPCそばにあると便利です。

DTMあれこれ② ~MIDIキーボードの必要性と当店ラインナップ~(10/13更新) - コクーンシティさいたま新都心店 店舗情報-島村楽器※画像はイメージです

 

電源を取ろう!

配置が完了したら機材の電源を取りましょう。

電源ケーブルも今回は4本ありますので、ごちゃごちゃにならないように心がけましょう。

コンセントから遠い方から差し込んでいくと、距離が取りやすいです。

※機材の足元まで延長ケーブルなどで持ってくるととても便利になります。

10口なのにコンパクトな電源タップで部屋の配線をキレイにまとめよう! | &GP - Part 2

配線をしよう!

さあここからが難しいと感じる部分ではないでしょうか?

しかし音の流れる方向を理解すればなんてことはない!

まず音の流れ方をご説明します。

PCから音がでて、USBケーブルを通ってインターフェイスに入ります。

そこから、インターフェイスの裏にあるOUTPUTからマイクケーブルを通ってコンソールに入ります。

次はマスターのOUTPUTからでて、最後スピーカーに届いて音が出ます。

PC→インターフェイス→コンソール→スピーカー

この順番でつなげば問題なしです。

今回はわかりやすく図解していこうと思います。

こんな感じで接続していきます。

  • USBで接続するとまず音がインターフェイスに入ります。
  • インターフェイス裏のOUTPUTのところからLR2種類の音を取り出します。
  • コンソールの別々のチャンネルに入力します。
  • 一番下のフェーダーもしくはつまみを上げます。
  • コンソール右下のあるマスターフェーダーまたはつまみを上げます。
  • コンソール右上のmain OUTからLRの2種類の音が出ます。
  • スピーカーの左右を間違えないようにLRをつなぎます。

以上の工程で終了です。

そんなに多くないですよね。

どこからどこへ繋ぐのかがわかれば怖いもんなしです。

を出して音量調節をする

最後に実際に音を出して調節をしていきましょう。

好きな音楽をスピーカーから流してみましょう。

基本的には何にも音が出ないか、大きい音がなってしまうかだと思います。

というのも音量を調節できる部分が、

PCにもインターフェイスにもコンソールにもスピーカーにもそれぞれついています。

一体どれを調節したらいいかわからないですよね。

 

それぞれの音量つまみは、次の機械に届く大きさが変わる のです。

ですので適切な音量チェックは次の機械の反応を見ればわかります。

  • PCの音量はMAXにする
  • インターフェイスのつまみはコンソールのPEAKが点灯しないギリギリにする
  • コンソールはマスターについている画面のレベルが0もしくは少し上にする。
  • 最後のスピーカーは自分が聞きやすい音量にする

以上の流れで音量を決めていきましょう。

 

まとめ

音は出るようになったでしょうか?

音響機材は音の流れを理解すればだれでも簡単にセッティングが可能です。

LRが逆になっていたりどこかのつまみが上がっていなかったり、

初心者にありがちなミスですので、一つ一つ丁寧に確認しましょう。

それでは素敵なDTMライフをお送りください。



これが王道!プロが選ぶモニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

これが王道!プロが選ぶモニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

サウンドアーツ】SOUND ARTS|目黒区自由が丘にあるレコーディングスタジオ

こんにちは。個人スタジオが欲しい あんでぃーです。

昨今の音楽シーンを席巻する多くのアーティストがDTMソフトを利用しているこの頃。

興味を持ってこれから始めたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

そんなDTMビギナーの皆さんに買って損なしのコスパ最強モニタースピーカーをご紹介します!

 

DTMerの皆さんはマイクなんかも欲しくなってきますよね。

オススメマイクを紹介しているページもあるので絶対チェック!

1人暮らしでも贅沢したい!プロが選ぶコスパ最強ホームシアター用スピーカー

初心者は絶対外せない!PAエンジニアが選ぶ外れないMIC3選



モニタースピーカーの選び方

疑問詞の使い方|英語の基礎を15分で学ぼう

モニタースピーカーとは、DTMなどをする際に打ち込んだ音、ミックスした音を視聴するためのスピーカーです。

癖が少なく素材そのものの音を鳴らしてくれるものがいいとされます。

プロはよく「冷たい音」と表現しますが、そのくらい熱量を抑え脚色がされていない音が求められるんですね。

基本的には、再生可能な周波数帯域が広いものを選ぶのがオススメです。

また、盲点になりがちな接続方法も合わせて確認しておきましょう。

XLR(マイクケーブル)なのか、TRS(PHONEまたはシールド)なのか。

用意するケーブルが変わってきますので注意しましょう。

YAMAHA ヤマハ / HS5

評価:★×4.5

数量限定発売中の定番モニタースピーカーYAMAHA HS5の新色スレートグレーをプレゼント! - DTMステーション まずはこちら、YAMAHA ヤマハ / HS5です

わたし自身初めてモニタースピーカーを選んだ時にこちらを買いました。

比較的安価なのにしっかり鳴ってくれて、高音、低音ともにバランスがよく素材の音をクリアに表現してくれます。

EQなどで音質の調整をしなくても十分な音質。

ローコストハイクオリティなまさにコスパ最高のモニタースピーカーです。

仕様

■パワードモニタースピーカー
■周波数特性:54Hz-30kHz
■コンポーネント:LF=5″コーン/HF=1″ドーム
■出力:LF45W/HF25W
■入力端子:XLR/PHONE(バランス)
■消費電力:45W
■寸法:170x285x222mm
■重量:5.3kg

また、完全フラットな音「冷たい音」まではいかない少し情緒のある音質なので、映画鑑賞音楽鑑賞用にも幅広く活躍してくれます。音楽制作にあきた後でも活用法があり長期にわたって使用可能です。

KRK ケーアールケー / RP5

評価:★×5.5

KRK SYSTEMS Rokit G4 シリーズ | ニアフィールド・スタジオモニター第4世代 – Digiland(デジランド)- デジタル楽器情報サイト

続いてはKRK ケーアールケー / RP5です。

そのキュートな見た目とは裏腹にパワフルなサウンド

しかし主張せずモニタースピーカーとしての役割をしっかり全うしてくれる世界的にも人気の高いスピーカーです。

現在も数多くのプロの作曲家が愛用するプロ御用達の一品です。

これから始めるかたも買い替えようと思っているかたもこれを選べば将来的にもかなり得をするのではないでしょうか。

仕様

■5インチウーファー
■周波数特性:43Hz – 40kHz
■最大SPL:104dB
■最大出力:55W
■入力インピーダンス:5.12kΩ バランス
■バランスTRS/XLRコンボ入力
■高さ:285mm
■横幅:190mm
■奥行き:241mm
■重量:4.85kg
■電源ケーブル:約135㎝、3ピンタイプ

また裏にGEQ(グラフィックエコライザー)が備えられているため部屋環境に合わせてスピーカー自体で音を調節する事ができるため音の融通が利きます。音に慣れてきたあと、部屋の環境が変わった際などに調節するのも楽しいですね。

ADAM Audio T7V

評価:★×5

ADAM Audio T7V Powered Monitor Speaker Review | Audioholics

最後はこちらのADAM Audio T7Vです

まずは形からという方。これにしましょう(笑)

個人のDTMerや作曲家のみならず多くのスタジオでも使用されている超ハイクオリティスピーカーです。

サブウーファーなしでも39Hzまで出すことができ、高音は人間の可聴領域を超えた25kHzまで再生可能です。このレベルの再生レンジをもちつつ、広範囲をカバーする指向角度があり文句なしのスピーカーといえるでしょう。この先技術や知識がついてきた後でも買ってよかったと思えること間違いなしです。

仕様

■周波数特性:39Hz – 25kHz
■アンプ出力:LF50W/HF20W(RMS)
■ウーハー:178mm / 7inch、ポリプロピレン
■ドライバー:U-ART
■最大出力音圧レベル:≧110dB
■入力端子:XLR, RCA
■寸法:347 x 210 x 293mm (HxWxD)
■重量:7.1kg
■備考:T7Vは、ニアフィールド環境での縦置き使用を念頭にデザインされた2ウェイ・スタジオモニターです。

初めて手にするには少しお高めですが、ワイドレンジ、パワフルな音圧、広いスイートスポット、かっこいい見た目。文句なしの性能です。むこう10年愛用できるクオリティなので自分への投資と思って買ってみるのもいいかもしれません。

 

モニタースピーカーはあまり安価なものではありませんのでよりいいものを選びたいですね。

今回紹介したスピーカーは買って損はしないハイクオリティなものばかりです。

ぜひ自分好みのスピーカーでDTMライフを楽しんでいってください。

 

【2021盤】プロが選ぶ高音質Bluetoothイヤホン3選

【2021盤】プロが選ぶ高音質Bluetoothイヤホン3選

カバンからイヤホンを取り出そうとしたら絡まってめんどくさい思いをしていた時代から、ワイヤレスになりつけたままでも日常生活を送れるほどまで進化したイヤホン。今や多くのオーディオブランドがBluetoothイヤホンを手掛け、どれがいいのかさっぱりわからない。そんな皆さんの悩みをズバッと解決!音のプロが厳選したおすすめをご紹介!

プロが教える!コスパ最強Bluetoothスピーカー3選



Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2

高級感に酔いしれる:Sennheiser(ゼンハイザー) / MOMENTUM True Wireless 2

評価:★★★★★

まずはこちら。Sennheiserのワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless 2

その特徴は透き通るような高温迫力のある低音のバランスがよく、クリアでしかも音圧も表現してくれる一度聞いたらもう戻れない高級感のあるサウンド。また最大28時間ものバッテリー容量を持ち長時間使用にも対応。音にこだわる人にはうれしい独自のエコライザー(EQ)調整ができ、さらにタッチ操作までカスタマイズ可能。完璧に自分好みにパーソナライズができるのでこれさえあれば文句なしって感じですね。

ここがオススメ

プロ目線から言っても、音質、操作性ともに文句なし。しかしなんといってもこのデザイン性!!おしゃれ!!アクセサリーやファッションとしても溶け込めてかっこよく演出してくれる。まさにモテるイヤホンです。

SONY WF-1000XM3

静寂の高音質:SONY WF-1000XM3

評価:★★★★

SONY WF-1000XM3 レビュー【ノイズキャンセリングが快適な完全ワイヤレスイヤホンを購入してみた】|FUJI X がある生活

続いてはこちら、SONY の最高傑作「WF-1000XM3

天下のオーディオブランドSONYからランクイン。プロからすると今までのSONYのイヤホンやスピーカーは少し物足りない印象でした。しかし、最近の進化は著しい!!いままでの超バランス音質に加え、ハイレベルなノイズキャンセリング機能によりほぼ無音の静寂を生み出すことができ、より音楽に没頭できるようになっています。特徴としてSONYの音は全音域がバランスよく心地よいグルーブ感を演出します。バンドサウンドからクラシックまでなんでもござれ!です。しかしHIPHOPやEDMのようなしびれる低音を欲している人には不向きかもしれません。自分の聞くジャンルに合わせて購入しましょう。

ここがオススメ

超高性能なノイズキャンセリングを搭載しているので騒音のなかでも好きな音楽に浸ることができ、使用環境にとらわれないのが魅力!通勤通学などで音楽をよく聞くという方にうってつけです。

JBL Tour Pro+ TWS

迫力のプロサウンド:JBL TOUR PRO+ TWS

評価:★★★★★

クリアクリーンな音はイコライザーで全音彩に変化する「JBL TOUR Pro+ TWS」 | ギズモード・ジャパン

最後はこちら、多くのプロ用機器を手掛けるJBLから「JBL Tour Pro+ TWS

JBLはプロ用のスピーカーなどを多く手掛けているブランドで個人的に大好きな音質です。

特徴として、迫力のある低音分離感のある高音域臨場感のあるサウンドを演出してくれます。SONYとは対極的でHIPHOPやR&Bなどのブラックミュージックを得意といています。またその分離感からバンドサウンドにもマッチしてくれます。

アプリを用いてエコライザー(EQ)調整が可能なため自分好みの音を作ることも可能で、ハイブリッドノイズキャンセリング機能を搭載しており、必要な時だけ外音を聞くことができるので対話中でも外すことなく生活できます。さらに最長32時間のバッテリー容量をもつため、もうほぼ外さないでも生活ができてしまう依存性満点なイヤホンです。

ここがオススメ

人によっては癖に感じるJBLの低音域ですが、このTour Pro+ TWSはその癖もしっかり長所へと変貌させてくれるのでよりクリアに迫力の臨場感を生み出してくれます。音質のパーソナライズも可能ですし個人的には音は3つの中では特徴的かと思います。




いかがでしたでしょうか。日常的に多く長い時間使うものですので、いいのもを選んでこれからの日常を少しでも快適な楽しいものにしてみてはいかがでしょうか?聴覚は人の大切な感性の一つです。大事にいい音を与えてあげましょう。

ド安定するし汎用性抜群!PAエンジニアが選ぶ おすすめマイク3選

本格的にバンドを始めたくてマイクを買いたい!DTMなどをしていて環境を整えたい!でもどんなマイクがいいのかわからない。そんな方々へ向けてPAエンジニアの私が、絶対に外れないマイクと、選び方をご紹介します!!

 

モニタースピーカーも合わせてチェックしておくとDTMライフがより素敵になります!

損しない!モニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

これが王道!プロが選ぶモニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

これこそ世界基準!最初のマイマイクはこれ!

何十年もの間ワールドスタンダードであり続け、人々の持つMICのイメージそのものになった有名なMICです。

初心者や学生でも手の出しやすい価格癖の少ない音で扱いやすく、迷ったらこれ。というにふさわしいものになっています。

また特徴的なのはその頑丈さ。車にひかれても、洗濯してしまっても問題なく使えたという事例があるほどタフで長持ち

ゆえに世界中のライブで使われているんですね。

SM58 - Shureワイヤード・マイクロホン - ヒビノインターサウンド株式会社

オーディオ機器には周波数特性というこの機会はどの帯域の音をよく拾う/出力しますよ。というものがあるのですが、

SM58はボーカルマイクのスタンダードというだけあって非常に万人の声をとらえているのです。

自分の声の特徴がまだいまいちつかめていない人やハードなパフォーマンスをする方には大変おすすめです。

我々のようなPAにとっても非常に扱いやすく、マイマイクがこれだと裏方さんにも喜ばれます!笑

SHURE シュアー / SM58S

ハウリングとはおさらば!スパーカーディオイド

続いては先ほどのSM58の改良版BETA58Aです。SM58に比べると2kHzあたりに癖があり、

少し感度が高い(小さな音量を拾える)ようになったタイプです。

その特徴から女性のように少し高めの声により合うようなイメージです。

さらに特徴的なのがスーパーカーディオイド(超単一指向性)といわれる収音角度です。

SM58に比べて音を拾う範囲を前方に限定し、周りの音を拾いにくくしてあるのです。

これによりメンバーの楽器の音やライブの際のモニター(足元にあるスピーカー)からの余計な音を拾いにくく

ハウリングが起こりにくいのです。

ライブをしたことのある方はハウリングの経験あると思います。

マイクを変えるだけでも意外に変わったりするんです。

SHURE ダイナミック マイクロフォン BETA58A-X 【国内正規品】

よりクリアに、温かみのある高級音質

最後はこちら、ゼンハイザーのe945です。

こちらのマイクも先ほどのBETA58Aと同様にスーパーカーディオイドで高度なハウリング抑制がされています。

さらに特徴的なのがハンドリングノイズ(握ったときなどにでるいらないノイズ)が抑えられており、

よりクリアな音を実現しています。

また、入力感度も高くバックバンドにも負けない音量を実現します。

高温の抜け感が良く、伸びのある高級感のあるボーカルを演出してくれます。

SENNHEISER e945をレビュー。高音の抜けが良い指向性を絞ったダイナミックマイク | 弾き語りすとLABO

少しほかの2つよりも値段は張りますが他と差別化できる品質を求める方や、

予算に余裕のある方は手に入れてみると音楽がさらに楽しくなることでしょう。

SENNHEISER (ゼンハイザー) ダイナミックマイク E945 ボーカル用 超単一指向性

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。どれも初心者の方には手に入れてほしい優秀なマイクたちです。

自分の声質や音楽のジャンルに合わせた機材を選ぶ事を心掛けるといいです。

ぜひマイマイクを持って周りのバンドやシンガーたちと差をつけましょう!

そしてあなたの音楽がより楽しくなることを祈っております。