初心者入門!簡単に自宅に音響設備を設置する方法をご紹介!

初心者入門!簡単に自宅に音響設備を設置する方法をご紹介!

こんにちは。甘いものが苦手な あんでぃーです。

今回は元PAエンジニアの私が、音響機材の設置、配線方法を説明します!

 

DTMや映画鑑賞用のスピーカーを設置したいけどやり方がわからない。

配線が多くてどこに何をつなげればいいか初めてだとなかなか難しいものです。

そこで今回は簡単な4つのステップで機材のセッティングをしていきます!

 

目次

  1. 機材を置く位置を決める

  2. 電源を取る

  3. ケーブルを配線する

  4. 音を出して音量調節する

 

まだこれから機材をそろえるよという方は、

オススメのモニタースピーカーマイクも紹介してるのでぜひチェックしてみてください。

これが王道!プロが選ぶモニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

ド安定するし汎用性抜群!PAエンジニアが選ぶ おすすめマイク3選

 

始める前に

 

まずセッティングを始める前に、機材の確認をしましょう。

今回のセッティングはPCとスピーカーをつなげることとします。

用意するものは、

  1. PC
  2. AI(オーディオインターフェイス)
  3. 「コンソール(ミキサー)」(なくてもよし)
  4. スピーカー(左右2つ)
  5. マイクケーブル2本(または4本)
  6. phoneケーブル2本(マイクケーブルを利用できる場合は必要なし)

以上の6点が必要です。

また、音楽制作にもネット環境の整備は必要です。

データ使い放題でDOCOMOの回線を利用した安定接続のエキサイトモバイル WiFiなどおすすめです。

準備はよろしいでしょうか?

機材を置く位置を決めよう!

まずは配置を決めましょう。

基本的にスピーカーは画面の左右に対象になるようにおきましょう。

また正面を向けるのではなく、少し内側を向くようにするようにしましょう。

少し難しい話になりますが、左右の距離が違うと音の波がずれるので違和感のある音になります。注意しましょう。

コンソール(ミキサー)は電源に近い方に置くと便利です。

スピーカー2つ、コンソール1つ、PC1つ計4つの電源が必要ですので、

あらかじめコンセントの口を拡張しておきましょう。

オーディオインターフェイスはコンソール側のPCそばにあると便利です。

DTMあれこれ② ~MIDIキーボードの必要性と当店ラインナップ~(10/13更新) - コクーンシティさいたま新都心店 店舗情報-島村楽器※画像はイメージです

 

電源を取ろう!

配置が完了したら機材の電源を取りましょう。

電源ケーブルも今回は4本ありますので、ごちゃごちゃにならないように心がけましょう。

コンセントから遠い方から差し込んでいくと、距離が取りやすいです。

※機材の足元まで延長ケーブルなどで持ってくるととても便利になります。

10口なのにコンパクトな電源タップで部屋の配線をキレイにまとめよう! | &GP - Part 2

配線をしよう!

さあここからが難しいと感じる部分ではないでしょうか?

しかし音の流れる方向を理解すればなんてことはない!

まず音の流れ方をご説明します。

PCから音がでて、USBケーブルを通ってインターフェイスに入ります。

そこから、インターフェイスの裏にあるOUTPUTからマイクケーブルを通ってコンソールに入ります。

次はマスターのOUTPUTからでて、最後スピーカーに届いて音が出ます。

PC→インターフェイス→コンソール→スピーカー

この順番でつなげば問題なしです。

今回はわかりやすく図解していこうと思います。

こんな感じで接続していきます。

  • USBで接続するとまず音がインターフェイスに入ります。
  • インターフェイス裏のOUTPUTのところからLR2種類の音を取り出します。
  • コンソールの別々のチャンネルに入力します。
  • 一番下のフェーダーもしくはつまみを上げます。
  • コンソール右下のあるマスターフェーダーまたはつまみを上げます。
  • コンソール右上のmain OUTからLRの2種類の音が出ます。
  • スピーカーの左右を間違えないようにLRをつなぎます。

以上の工程で終了です。

そんなに多くないですよね。

どこからどこへ繋ぐのかがわかれば怖いもんなしです。

を出して音量調節をする

最後に実際に音を出して調節をしていきましょう。

好きな音楽をスピーカーから流してみましょう。

基本的には何にも音が出ないか、大きい音がなってしまうかだと思います。

というのも音量を調節できる部分が、

PCにもインターフェイスにもコンソールにもスピーカーにもそれぞれついています。

一体どれを調節したらいいかわからないですよね。

 

それぞれの音量つまみは、次の機械に届く大きさが変わる のです。

ですので適切な音量チェックは次の機械の反応を見ればわかります。

  • PCの音量はMAXにする
  • インターフェイスのつまみはコンソールのPEAKが点灯しないギリギリにする
  • コンソールはマスターについている画面のレベルが0もしくは少し上にする。
  • 最後のスピーカーは自分が聞きやすい音量にする

以上の流れで音量を決めていきましょう。

 

まとめ

音は出るようになったでしょうか?

音響機材は音の流れを理解すればだれでも簡単にセッティングが可能です。

LRが逆になっていたりどこかのつまみが上がっていなかったり、

初心者にありがちなミスですので、一つ一つ丁寧に確認しましょう。

それでは素敵なDTMライフをお送りください。



今やだれもが音楽ライブ配信できる時代!盛り上がってけ音楽エンタメ!

 

こんにちは、左利き用ギターが欲しい あんでぃーです。

最近出始めから応援しているアーティストたちがどんどん売れだしてちょっと寂しいです泣

また新しい推しを探そうと思います笑

 

そんな中、最新の音楽シーンにぴったりのオンラインライブを配信できるプラットフォームを発見!

http://音楽ライブ専門の配信プラットフォームMUSER https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HMMIS+1HL1ZU+4NX0+5YZ77

☝これ。

誰でもどんな人でも有料オンラインライブを配信できるらしい。

しかも無料で相談サポートもしてくれるって。

 

アーティストの出方、あり方もだいぶ変わってきたように思います。

もっぱらYoutubeやSpotifyなどのサブスクの再生回数が人気の指標になり、

CDなどの現物媒体はファンが集めるグッズとなっています。

少し寂しい感じもしますが、むしろこれはーティストにとってはいい方向に進んでいる気がします。

事務所やレーベルに頼らずとも、有名になることができます。

群雄割拠の時代ですが、しっかり自分の実力を認めてもらえる場が増えたわけです。

今やパソコンとインターフェイス、MIDIキーがあれば音楽は作れますし、

実際YOASOBIのayaseさんなどの有名なボカロPの皆さんもこの最低限の設備ではじめたわけです。

損しない!モニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

これが王道!プロが選ぶモニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

 

誰でも有料ライブ配信をできるサービスがあるわけですから、

個人で音楽を収益化できる時代になったということですね。

 

これはアーティストだけでなくそれを応援する私たちにも+です。

なんたって推しにたいして貢放題ですから笑

いつでもどこからでも応援ができる時代なのです。

 

このMUSERというサービスについて少しご説明しようと思います。



まずライブ配信を個人で使用と思うと

機材の準備、チケットの制作販売、宣伝広告、本番配信

などかなりやることが多く、お金もかかります。

個人ですべて補おうとするのはとてもじゃないけどハードルが高い。

しかし、このMUSERというサービスはそれらすべてをサポートしてくれるのです。

機材も貸してくれますし、チケットの販売もしてくれます。

■初期費用0円

■お打ち合わせ対応あり(無料)

■独自に保有する配信サポートチームが最初から最後までサポート

■お問い合わせ後最短2日で配信チケット販売可能

■ライブ会場ご紹介可能

■プロモーション案のサポートもあり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにサポート体制もしっかりしていて、無所属の実力者が世に出るには絶好のサービス!

SNSなどの発信との相乗効果も期待できるので、より多くのファンに見てもらえる機会が増えると思います。

きっと日本にはまだまだひっそり家で最高の音楽を作ってため込んでいるアーティストが

たくさんいる事でしょう。

心強いサポートを受けられるこのMUSERを利用してまだ知らない楽曲たちを

世界に発信してくれたらなと思います。

どんな世界になっても決して音楽はなくならない。

新しいミュージシャンの姿を描く先駆者たちがこれからもっと出てきてほしいですね。

サブカル好きにはたまらないアーティストの皆さんも続々利用を始めているようです。

こんな皆さんと同じ媒体でライブができるなんてすごいですね!

 

わたしの好きなアーティストの大比良瑞希さんもこのMUSERを利用して配信しているようなので、

これからこのプラットフォームの情報をしっかりチェックしていきたいと思います。

もしこれを読んでいるバンドの方や作曲、演奏家の皆さんは是非無料で相談してみてください

初めての音楽ライブ配信なら【MUSER】

 

 

1人暮らしでも贅沢したい!プロが選ぶコスパ最強ホームシアター用スピーカー

1人暮らしでも贅沢したい!プロが選ぶコスパ最強ホームシアター用スピーカー

昨今の生活は自宅で映画や動画を見るなんてことが増えて来たんじゃないでしょうか?いつも通りテレビやスマホで見るのもいいですが、自宅で映画館気分を味わいたくないですか?部屋の電気を消して迫力のサウンドで映画を見るのなんて憧れますよね。そんな皆さんにプロの音響屋が厳選したオススメの小型でも迫力のあるサウンドを出してくれる調度いいホームシアター用スピーカーをご紹介します!

こちらもオススメ⇓⇓⇓⇓⇓⇓

【2021盤】プロが選ぶ高音質Bluetoothイヤホン3選

【2021盤】プロが選ぶ高音質Bluetoothイヤホン3選



FOSTEX P802-S

かわいい見た目なのにしっかり鳴る!

評価:★★★★

P802-S_620x394

まずはこちら、FOSTEXから「P802-S」

モニタースピーカーなどを持っているかたなどはご存じのメーカーかもしれません。

安定したハイクオリティサウンドと、おしゃれな見た目が特徴的です。小音量でもはっきりとした高音質で40kHzまでしっかり伸びる高音でハイレゾ音源にも対応しています。さらにバスレフを採用しておりこのサイズなのに迫力のある低音をしっかり前に飛ばしてくれます。小さな音もクリアに表現してくれるので映画のワンシーンを聞き漏らすことなく楽しむことができます。

ここがオススメ

このサイズから一人暮らしの家にも最適で、デザイン性がいいのでインテリアとしても部屋に溶け込み部屋自体をワンランクアップしてくれること間違いなし!



JBL PROFESSIONAL 305P MkII

迫力のライブサウンドを体感しよう!!

評価:★★★★★

305P MkⅡ 306P MkⅡ 308P MkⅡ - ヒビノプロオーディオセールス Div.



続いてはこちら、JBLから「305P MKII」

JBLといえばプロ御用達のオーディオブランドで、ハイクオリティライブサウンドが特徴的です。繊細な音も表現してくれて、尚且つ広い範囲をカバーしてくれる指向角度を持ちます。室内環境に合わせて高温を調節する切り替えができるので自室のサイズや環境問わず使用できます。イカすかっこいいデザイン性で男性の皆さんはかなりタイプの見た目じゃないでしょうか?見た目負けしないパワフルなサウンドと繊細な表現で臨場感のあるホームシアターを作れます。

ここがオススメ

JBLは迫力のサウンドが特徴です。ですので映画だけでなくライブ映像なんかをよく見るかたに非常にオススメです。自宅がさながらコンサート会場の最前列のような雰囲気になることでしょう!!

JBL BAR 5.0 MultiBeam サウンドバー

高級感をあなたの部屋に

評価:★★★★★★

2021春夏】 JBL BAR 5.0 MultiBeam サウンドバー/Dolby Atmos対応/パッシブラジエータ (品):【ぽっきりSALE対象】 -www.medicinfo.ro

U-NEXT

さて最後はこちら、JBL「BAR 5.0 MultiBeam サウンドバー」

再度JBLの登場です。上記の2つからはだいぶ見た目が変わります。1本に統一化された大人な雰囲気の見た目で一瞬スピーカーかどうかわからない感じですね。しかし侮ることなかれ、内蔵された4基のパッシブラジエーターが強力な重低音を再生。サブウーファーなんて必要なしです。さらに Dolby Atmos によるハイブリッドサラウンドサウンドで3Dサウンドを実現。映画やスポーツ、ゲームやライブどんなジャンルもカバーでき高級感のある包み込まれるような音を楽しめます。接続方法も非常に簡単で、HDMIケーブルでつなぐだけ。少し値は張りますが、これさえあればホームシアターが何倍もグレードアップします。絶対に買って損はない商品です。

ここがオススメ

JBL独自のMultiBeamテクノロジーを使用しており、まさに「音のビーム」を壁などに反射させることにより音に包み込まれるような空間を作ります。本来サラウンド音響を作ろうとなるとたくさんのスピーカーが必要ですが、このサウンドバーは1つあればOK。5つのスピーカーを買うより圧倒的にコスパがいいですね。



いかがだったでしょうか。自宅を映画館に、ライブハウスにする準備はできましたか?ぜひこれらのスピーカーを手に入れて充実したホームシアターを楽しんでください。