これが王道!プロが選ぶモニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

これが王道!プロが選ぶモニタースピーカーのおすすめ3選 初心者はまずこれ![2021]

サウンドアーツ】SOUND ARTS|目黒区自由が丘にあるレコーディングスタジオ

こんにちは。個人スタジオが欲しい あんでぃーです。

昨今の音楽シーンを席巻する多くのアーティストがDTMソフトを利用しているこの頃。

興味を持ってこれから始めたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

そんなDTMビギナーの皆さんに買って損なしのコスパ最強モニタースピーカーをご紹介します!

 

DTMerの皆さんはマイクなんかも欲しくなってきますよね。

オススメマイクを紹介しているページもあるので絶対チェック!

1人暮らしでも贅沢したい!プロが選ぶコスパ最強ホームシアター用スピーカー

初心者は絶対外せない!PAエンジニアが選ぶ外れないMIC3選



モニタースピーカーの選び方

疑問詞の使い方|英語の基礎を15分で学ぼう

モニタースピーカーとは、DTMなどをする際に打ち込んだ音、ミックスした音を視聴するためのスピーカーです。

癖が少なく素材そのものの音を鳴らしてくれるものがいいとされます。

プロはよく「冷たい音」と表現しますが、そのくらい熱量を抑え脚色がされていない音が求められるんですね。

基本的には、再生可能な周波数帯域が広いものを選ぶのがオススメです。

また、盲点になりがちな接続方法も合わせて確認しておきましょう。

XLR(マイクケーブル)なのか、TRS(PHONEまたはシールド)なのか。

用意するケーブルが変わってきますので注意しましょう。

YAMAHA ヤマハ / HS5

評価:★×4.5

数量限定発売中の定番モニタースピーカーYAMAHA HS5の新色スレートグレーをプレゼント! - DTMステーション まずはこちら、YAMAHA ヤマハ / HS5です

わたし自身初めてモニタースピーカーを選んだ時にこちらを買いました。

比較的安価なのにしっかり鳴ってくれて、高音、低音ともにバランスがよく素材の音をクリアに表現してくれます。

EQなどで音質の調整をしなくても十分な音質。

ローコストハイクオリティなまさにコスパ最高のモニタースピーカーです。

仕様

■パワードモニタースピーカー
■周波数特性:54Hz-30kHz
■コンポーネント:LF=5″コーン/HF=1″ドーム
■出力:LF45W/HF25W
■入力端子:XLR/PHONE(バランス)
■消費電力:45W
■寸法:170x285x222mm
■重量:5.3kg

また、完全フラットな音「冷たい音」まではいかない少し情緒のある音質なので、映画鑑賞音楽鑑賞用にも幅広く活躍してくれます。音楽制作にあきた後でも活用法があり長期にわたって使用可能です。

KRK ケーアールケー / RP5

評価:★×5.5

KRK SYSTEMS Rokit G4 シリーズ | ニアフィールド・スタジオモニター第4世代 – Digiland(デジランド)- デジタル楽器情報サイト

続いてはKRK ケーアールケー / RP5です。

そのキュートな見た目とは裏腹にパワフルなサウンド

しかし主張せずモニタースピーカーとしての役割をしっかり全うしてくれる世界的にも人気の高いスピーカーです。

現在も数多くのプロの作曲家が愛用するプロ御用達の一品です。

これから始めるかたも買い替えようと思っているかたもこれを選べば将来的にもかなり得をするのではないでしょうか。

仕様

■5インチウーファー
■周波数特性:43Hz – 40kHz
■最大SPL:104dB
■最大出力:55W
■入力インピーダンス:5.12kΩ バランス
■バランスTRS/XLRコンボ入力
■高さ:285mm
■横幅:190mm
■奥行き:241mm
■重量:4.85kg
■電源ケーブル:約135㎝、3ピンタイプ

また裏にGEQ(グラフィックエコライザー)が備えられているため部屋環境に合わせてスピーカー自体で音を調節する事ができるため音の融通が利きます。音に慣れてきたあと、部屋の環境が変わった際などに調節するのも楽しいですね。

ADAM Audio T7V

評価:★×5

ADAM Audio T7V Powered Monitor Speaker Review | Audioholics

最後はこちらのADAM Audio T7Vです

まずは形からという方。これにしましょう(笑)

個人のDTMerや作曲家のみならず多くのスタジオでも使用されている超ハイクオリティスピーカーです。

サブウーファーなしでも39Hzまで出すことができ、高音は人間の可聴領域を超えた25kHzまで再生可能です。このレベルの再生レンジをもちつつ、広範囲をカバーする指向角度があり文句なしのスピーカーといえるでしょう。この先技術や知識がついてきた後でも買ってよかったと思えること間違いなしです。

仕様

■周波数特性:39Hz – 25kHz
■アンプ出力:LF50W/HF20W(RMS)
■ウーハー:178mm / 7inch、ポリプロピレン
■ドライバー:U-ART
■最大出力音圧レベル:≧110dB
■入力端子:XLR, RCA
■寸法:347 x 210 x 293mm (HxWxD)
■重量:7.1kg
■備考:T7Vは、ニアフィールド環境での縦置き使用を念頭にデザインされた2ウェイ・スタジオモニターです。

初めて手にするには少しお高めですが、ワイドレンジ、パワフルな音圧、広いスイートスポット、かっこいい見た目。文句なしの性能です。むこう10年愛用できるクオリティなので自分への投資と思って買ってみるのもいいかもしれません。

 

モニタースピーカーはあまり安価なものではありませんのでよりいいものを選びたいですね。

今回紹介したスピーカーは買って損はしないハイクオリティなものばかりです。

ぜひ自分好みのスピーカーでDTMライフを楽しんでいってください。

 

1人暮らしでも贅沢したい!プロが選ぶコスパ最強ホームシアター用スピーカー

1人暮らしでも贅沢したい!プロが選ぶコスパ最強ホームシアター用スピーカー

昨今の生活は自宅で映画や動画を見るなんてことが増えて来たんじゃないでしょうか?いつも通りテレビやスマホで見るのもいいですが、自宅で映画館気分を味わいたくないですか?部屋の電気を消して迫力のサウンドで映画を見るのなんて憧れますよね。そんな皆さんにプロの音響屋が厳選したオススメの小型でも迫力のあるサウンドを出してくれる調度いいホームシアター用スピーカーをご紹介します!

こちらもオススメ⇓⇓⇓⇓⇓⇓

【2021盤】プロが選ぶ高音質Bluetoothイヤホン3選

【2021盤】プロが選ぶ高音質Bluetoothイヤホン3選



FOSTEX P802-S

かわいい見た目なのにしっかり鳴る!

評価:★★★★

P802-S_620x394

まずはこちら、FOSTEXから「P802-S」

モニタースピーカーなどを持っているかたなどはご存じのメーカーかもしれません。

安定したハイクオリティサウンドと、おしゃれな見た目が特徴的です。小音量でもはっきりとした高音質で40kHzまでしっかり伸びる高音でハイレゾ音源にも対応しています。さらにバスレフを採用しておりこのサイズなのに迫力のある低音をしっかり前に飛ばしてくれます。小さな音もクリアに表現してくれるので映画のワンシーンを聞き漏らすことなく楽しむことができます。

ここがオススメ

このサイズから一人暮らしの家にも最適で、デザイン性がいいのでインテリアとしても部屋に溶け込み部屋自体をワンランクアップしてくれること間違いなし!



JBL PROFESSIONAL 305P MkII

迫力のライブサウンドを体感しよう!!

評価:★★★★★

305P MkⅡ 306P MkⅡ 308P MkⅡ - ヒビノプロオーディオセールス Div.



続いてはこちら、JBLから「305P MKII」

JBLといえばプロ御用達のオーディオブランドで、ハイクオリティライブサウンドが特徴的です。繊細な音も表現してくれて、尚且つ広い範囲をカバーしてくれる指向角度を持ちます。室内環境に合わせて高温を調節する切り替えができるので自室のサイズや環境問わず使用できます。イカすかっこいいデザイン性で男性の皆さんはかなりタイプの見た目じゃないでしょうか?見た目負けしないパワフルなサウンドと繊細な表現で臨場感のあるホームシアターを作れます。

ここがオススメ

JBLは迫力のサウンドが特徴です。ですので映画だけでなくライブ映像なんかをよく見るかたに非常にオススメです。自宅がさながらコンサート会場の最前列のような雰囲気になることでしょう!!

JBL BAR 5.0 MultiBeam サウンドバー

高級感をあなたの部屋に

評価:★★★★★★

2021春夏】 JBL BAR 5.0 MultiBeam サウンドバー/Dolby Atmos対応/パッシブラジエータ (品):【ぽっきりSALE対象】 -www.medicinfo.ro

U-NEXT

さて最後はこちら、JBL「BAR 5.0 MultiBeam サウンドバー」

再度JBLの登場です。上記の2つからはだいぶ見た目が変わります。1本に統一化された大人な雰囲気の見た目で一瞬スピーカーかどうかわからない感じですね。しかし侮ることなかれ、内蔵された4基のパッシブラジエーターが強力な重低音を再生。サブウーファーなんて必要なしです。さらに Dolby Atmos によるハイブリッドサラウンドサウンドで3Dサウンドを実現。映画やスポーツ、ゲームやライブどんなジャンルもカバーでき高級感のある包み込まれるような音を楽しめます。接続方法も非常に簡単で、HDMIケーブルでつなぐだけ。少し値は張りますが、これさえあればホームシアターが何倍もグレードアップします。絶対に買って損はない商品です。

ここがオススメ

JBL独自のMultiBeamテクノロジーを使用しており、まさに「音のビーム」を壁などに反射させることにより音に包み込まれるような空間を作ります。本来サラウンド音響を作ろうとなるとたくさんのスピーカーが必要ですが、このサウンドバーは1つあればOK。5つのスピーカーを買うより圧倒的にコスパがいいですね。



いかがだったでしょうか。自宅を映画館に、ライブハウスにする準備はできましたか?ぜひこれらのスピーカーを手に入れて充実したホームシアターを楽しんでください。



【2021盤】プロが選ぶ高音質Bluetoothイヤホン3選

【2021盤】プロが選ぶ高音質Bluetoothイヤホン3選

カバンからイヤホンを取り出そうとしたら絡まってめんどくさい思いをしていた時代から、ワイヤレスになりつけたままでも日常生活を送れるほどまで進化したイヤホン。今や多くのオーディオブランドがBluetoothイヤホンを手掛け、どれがいいのかさっぱりわからない。そんな皆さんの悩みをズバッと解決!音のプロが厳選したおすすめをご紹介!

プロが教える!コスパ最強Bluetoothスピーカー3選



Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2

高級感に酔いしれる:Sennheiser(ゼンハイザー) / MOMENTUM True Wireless 2

評価:★★★★★

まずはこちら。Sennheiserのワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless 2

その特徴は透き通るような高温迫力のある低音のバランスがよく、クリアでしかも音圧も表現してくれる一度聞いたらもう戻れない高級感のあるサウンド。また最大28時間ものバッテリー容量を持ち長時間使用にも対応。音にこだわる人にはうれしい独自のエコライザー(EQ)調整ができ、さらにタッチ操作までカスタマイズ可能。完璧に自分好みにパーソナライズができるのでこれさえあれば文句なしって感じですね。

ここがオススメ

プロ目線から言っても、音質、操作性ともに文句なし。しかしなんといってもこのデザイン性!!おしゃれ!!アクセサリーやファッションとしても溶け込めてかっこよく演出してくれる。まさにモテるイヤホンです。

SONY WF-1000XM3

静寂の高音質:SONY WF-1000XM3

評価:★★★★

SONY WF-1000XM3 レビュー【ノイズキャンセリングが快適な完全ワイヤレスイヤホンを購入してみた】|FUJI X がある生活

続いてはこちら、SONY の最高傑作「WF-1000XM3

天下のオーディオブランドSONYからランクイン。プロからすると今までのSONYのイヤホンやスピーカーは少し物足りない印象でした。しかし、最近の進化は著しい!!いままでの超バランス音質に加え、ハイレベルなノイズキャンセリング機能によりほぼ無音の静寂を生み出すことができ、より音楽に没頭できるようになっています。特徴としてSONYの音は全音域がバランスよく心地よいグルーブ感を演出します。バンドサウンドからクラシックまでなんでもござれ!です。しかしHIPHOPやEDMのようなしびれる低音を欲している人には不向きかもしれません。自分の聞くジャンルに合わせて購入しましょう。

ここがオススメ

超高性能なノイズキャンセリングを搭載しているので騒音のなかでも好きな音楽に浸ることができ、使用環境にとらわれないのが魅力!通勤通学などで音楽をよく聞くという方にうってつけです。

JBL Tour Pro+ TWS

迫力のプロサウンド:JBL TOUR PRO+ TWS

評価:★★★★★

クリアクリーンな音はイコライザーで全音彩に変化する「JBL TOUR Pro+ TWS」 | ギズモード・ジャパン

最後はこちら、多くのプロ用機器を手掛けるJBLから「JBL Tour Pro+ TWS

JBLはプロ用のスピーカーなどを多く手掛けているブランドで個人的に大好きな音質です。

特徴として、迫力のある低音分離感のある高音域臨場感のあるサウンドを演出してくれます。SONYとは対極的でHIPHOPやR&Bなどのブラックミュージックを得意といています。またその分離感からバンドサウンドにもマッチしてくれます。

アプリを用いてエコライザー(EQ)調整が可能なため自分好みの音を作ることも可能で、ハイブリッドノイズキャンセリング機能を搭載しており、必要な時だけ外音を聞くことができるので対話中でも外すことなく生活できます。さらに最長32時間のバッテリー容量をもつため、もうほぼ外さないでも生活ができてしまう依存性満点なイヤホンです。

ここがオススメ

人によっては癖に感じるJBLの低音域ですが、このTour Pro+ TWSはその癖もしっかり長所へと変貌させてくれるのでよりクリアに迫力の臨場感を生み出してくれます。音質のパーソナライズも可能ですし個人的には音は3つの中では特徴的かと思います。




いかがでしたでしょうか。日常的に多く長い時間使うものですので、いいのもを選んでこれからの日常を少しでも快適な楽しいものにしてみてはいかがでしょうか?聴覚は人の大切な感性の一つです。大事にいい音を与えてあげましょう。

プロが教える!コスパ最強Bluetoothスピーカー3選

プロが教える!コスパ最強Bluetoothスピーカー3選






今回は元PAエンジニアの私が音質もよく尚且つ、手に入りやすいコスパ最強のBluetoothスピーカーをご紹介!

 

皆さん。普段どんな環境で音楽を聴いていますか?生活環境の中でイヤホンで細々と音楽を聴いているケース多いと思います。

スピーカーで臨場感のあるサウンドを楽しみたくないですか?

こちらもオススメ⇓⇓⇓⇓⇓⇓

【2021盤】プロが選ぶ高音質Bluetoothイヤホン3選

【2021盤】プロが選ぶ高音質Bluetoothイヤホン3選

プロがなぜスピーカーを好むのか

音のプロたちはイヤホンよりもスピーカーにこだわります。その理由をまずはご説明しましょう。音というものは様々な成分があります。Hi、Mid、Loなど楽器やジャンルによってそのバランスは様々です。高温はとても小さなデバイスでも慣らすことができますが、実は現代の技術をもってしても、低音は大きいユニットからじゃないといい音がならないのです。

要するに大きければ大きいほど迫力のある体に響く低音を出せるんですね。

この「体に響く」これこそが臨場感の正体です。イヤホンでは調節鼓膜に振動を送るため、臨場感のあるサウンドを再現しきれないんですね。またイヤホンの音量設定はシビアで、間違えると少しずつですが聴覚に影響が出てくると言われています。

つまり、プロたちは臨場感のあるサウンドを求めている。そして自分の耳を守っているということですね。


迫力と楽器の分離。最新楽曲との相性抜群!

まず最初にご紹介するのは天下のJBLが送るスピーカー「FLIP 5」

軽量、小型ながらも圧倒的なパワフルサウンドを実現していて、パーティーや飲み会などでも活躍間違いなし!さらに防水加工もクオリティが高く外での使用にもうってつけ

低音のユニットと高音のユニットを分離させ、周波数ごとの音の特性を考えて設計されており、分離感のある迫力のあるサウンドになっています。

複数を組み合わせて同時に数か所で音楽を流したり、2つを組み合わせてステレオ再生も可能で汎用性は他のものと比べ物にならないくらい便利。

JBL FLIP5 高音質小型Bluetoothスピーカーの口コミ・評判、レビュー

ここがオススメ!

低音、高温の癖が最新のJ-POPやHIPHOPにぴったりマッチしていてより臨場感のあるサウンドに仕上げてくれます!また、様々なサイズがあるため自分に合ったものを選べるのでそろえて楽しい!友達にも自慢できる超良コスパの一品!

JBL FLIP5 Bluetoothスピーカー IPX7防水/USB Type-C充電/パッシブラジエーター搭載/ポータブル ブラック JBLFLIP5BLK 【国内正規品/メーカー1年保証付き】

バンドサウンドにうってつけ。圧巻のグルーブで抜きんでろ!

続いてはSONYのBluetoothスピーカー「SRS-XB33」

何と言っても特徴はそのバランスの良さとシームレスに帯域をつなぐ圧倒的なグルーブ感。ライブサウンドモードが備わっており、音の聞こえる範囲を広げる事が可能

全体的に癖がなく滑らかなバランスのいい音という印象。バンドサウンドや、ダイバーシティなジャンルにぴったり

サブカル好きや安定志向の方は間違いなしです。

ソニー、ユニットを一新し、より大きく、より響く低音が楽しめるワイヤレススピーカー「SRS-XB43」「SRS-XB33」「SRS-XB23」を7月3日に発売 - Stereo Sound ONLINE

ここがオススメ!

Spotifyなどのサブスクの圧縮音源をよりリアルに近づける拡張再生が可能。またAppleのACCファイルにも対応しているのでiPhoneユーザーの方にも非常に使いやすい

ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB33 : 防水/防塵/防錆/Bluetooth/重低音モデル/マイク付き/ライティング機能搭載 / 最大24時間連続再生 2020年モデル / ブラック SRS-XB33 B



圧倒的重低音!みんな大好きBOSEブランド

最後はこちら。誰もが知るオーディオブランドBOSEから「SOUNDLINK MINI II」

BOSEの代名詞といえば圧倒的な重低音。ひと昔前まではその特性ゆえに音が濁るといった弊害もありましたが、最近の進化はすさまじい!

深い低音はそのままに、他の帯域と差別化がされていてこのサイズのスピーカーでは考えられない迫力の音質

クラブミュージックEDMまどダンス系のジャンルが好みの方は私生活を盛り上げるツールになるでしょう。

 

Bose SoundLink Mini II レビュー!小型かつ重低音ボーズサウンドのワイヤレススピーカー | シンスペース

ここがオススメ

なんといってもこのシックでおしゃれなデザイン性!インテリアとしても溶け込めておしゃれな室内空間と迫力の音楽を楽しめるモテるスピーカーといっても過言ではない!

Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II ポータブル ワイヤレス スピーカー スペシャルエディション マイク付 最大8時間 再生 防滴 12.7 cm (W) x 13.1 cm (H) x 5.6 cm (D) 0.54 kg トリプルブラック

 

さて、いかがだったでしょうか。自分が普段聞く音楽に合わせてオーディオデバイスを選んで私生活をより楽しくしてください!
アコースティックギターなら石橋楽器店!